高機能反射シート(マルチライニング)のご案内


● マルチライニング

マルチライニングとは最新の太陽光両面発電モジュールの発電量の増加と、
抜群の防草効果を発揮し、作業効率の向上やコスト削減
を実施し単位面積あたりの発電量の最大化を実現します。

製 品 情 報

マルチライニング・マルチファイバー(防草マット)を工場で一体加工し出荷することによりシートの飛散を抑制します。製品を一体化させる事で裏面発電材としての反射機能と、15年以上の防草効果、優れた耐久性を合わせ持つことが可能となり、高い遮水機能で雨水をコントロールし土砂の流出や濁水流出を軽減する減災効果が期待できます。

Ø反射効果率で、両面モジュールの効率を向上させ発電量を増加
Ø遠赤外線を吸収することで輻射熱の発生を抑制し、反射光によるモジュール温度上昇を抑制
Ø接合部は、溶融解させ一体化させる特殊工法により、高い耐久性を保持
Ø遮蔽、遮水効果によって除草コスト削減、ホットスポット発生を防止し火災リスクを軽減
Ø雨水をコントロールし、土砂や濁水の流出を軽減することによる減災効果



  ●反射率測定結果
●温度抑制効果

●マルチライニングの耐久性

●紫外線反射率

雪が80~90%の反射に対して、マルチライニングは14%の結果となりました。
これはモジュール裏面に可視光線を反射させて発電量をUPさせると同時に、劣化の要因となる紫外線は吸収し、
わずか14%しか反射していない事を示します。

●マルチライニングの遮光性

●浸透トレンチ工法

マルチライニングで受けた水をマルチトレンチに誘導し、ゲリラ豪雨によって発生した雨水を1mあたり0.47㎥の貯留が可能で、時間をかけて排水することにより、土壌への負担を軽減します。
また、濁水等の流出を防止し、土砂崩れ等の災害を抑制します。大規模開発での環境負荷を軽減することによって、地域住民への災害に対する配慮を示す事ができます。

● リパワリングご案内

●マルチライニングの収益性

●パネルの産廃費用について

リパワリングの効果

●マルチライニングを使用した太陽光発電所新設とは

マルチライニングはリパワリングだけではなく新設時も有効です。

●標準設置パターンとの比較

● 総合的な提案の実現

弊社の技術・商品を活用し、リパワリングや新設事業だけではなく
地域脱炭素事業・空港脱炭素事業など総合的な提案が可能となります。

 

TOP